2013年1月3日木曜日

残念なメンバーシップの改善方法

目的

標準的な管理手法を理解し、マネージャによるコントロールがしやすい状態にしたい。
そのために、自分が日頃何に気をつければよいか明文化し、それを守る。

改善策

なにをやるか・やらないかの確認

  • スコープ:このプロジェクトは何を作るのか
  • 職責:“自分の”役割と説明責任を理解する
  • 見積もり: 1日8時間、自分の力量を過信せずバッファ込みで

やるべきことをどんな順番でやるか

  • プロジェクトのマイルストーンは何か?いつまでに必要か?
  • 自分の成果物は何か?
    • 不確定なこと、失敗しそうなことはないか?
    • 大変なこと、面倒なことは別の方法で代替できないか?

状況の変化に対してどのように対処するか

  • 成果とスケジュールがベースラインからずれるとき、報告が必要
    • 相手が状況を理解し、対処策の判断できる状態になるまで伝えきる
    • リスクは被害の深刻さと発生確率を評価し、優先度付できるようにする

0 件のコメント:

コメントを投稿