2012年3月16日金曜日

LAMPの次

GUNDAMはさすがにないだろうと思い、自分なりに考える。

LAMPはWebサービスを提供するための環境
・Linux : OS
・Apache :  サーバミドルウェア
・MySQL : データストア
・Perl,PHP,Python : プログラミング言語
の組み合わせ。

OSはLinuxが圧倒的であることには異論がない。

WebサーバミドルウェアはC10K問題対策としてNginxが使われるケースがある。
また各種アクセスログ解析など、Webサーバとは別にHadoopなどを分散処理環境が必要となる

データストアに関しては特性の異なる技術がたくさんある
・Key-Value Store : キャッシュに使うmemcached、 永続化可能なTokyoTyrant
・スキーマレスDB : MongoDB
・列指向DB
それぞれ一長一短なのでMySQLなどのRDBを完全に置換するわけではない。

プログラミング言語はJavaScriptの台頭が著しい。
Flashの終焉に伴い、クライアント側での処理はJavaScriptの独壇場。
そしてnodeによるサーバ側への進出。


この他に、提唱された1998年当時と比べて大きく変わったことは
・PaaS : GAE, Herokuなど利用者からすれば、OS部分が隠蔽される
・マッシュアップ: REST APIなど自分のサービスを超えて機能利用・連携
だろうか。

いろいろと洗いだしてみたが、
LAMPは別の何かに代替されたわけではなく、コモディティ化したと思う。

LAMPに別の何かを足したり、一部を置き換えることで
より高い性能を出したり、少ない労力で実装できるようになった。

LAMPはたしかに古いが、勉強する価値はある。

0 件のコメント:

コメントを投稿